2016年6月28日

私の賃貸探しテク

賃貸物件探しは、今でこそ大手不動産情報サイトを使ってネットからでも探すことはできますが、やはり良い物件はいかに足を使うかにかかっていると思います。

本当にその土地に住みたいのなら足繁くそこへ通うべきだし、空気感や食文化、物価までもリサーチした結果、惚れ込んだら良い物件は必ず見つかるはずです。

また、その町の不動産屋さんに部屋を探してもらうのが一番です。

武蔵境 賃貸物件」という感じで目的地の賃貸を扱う不動産屋を探すと、学校や病院などの近くにローカルに根付いた店舗が必ずあります。

紹介されて制約となった確率はそういった地元のお店の方が多いです。

また、物件探しは人と人の出会いと同じ運もあります。

僕はちょっぴり風水などの占い関係も利用します。当たるか当たらないか、科学的根拠は実際のところあるのかは定かではありません。

しかし、気分が良くなるのなら大いに使うべきと思います。その方位に行けば良いことにつながるという結果が出たのならば、例え迷っていた時も後ろからポンと背中を押してくれることになるわけですからね。

もし万が一隣人トラブルがあったところでも、その背中を押してくれた事によって何とかなる!という様な前向きな気持ちにもなれるはずです。

僕自身今まで引っ越してきた中で、何回もその場所を訪れた結果の物件はどれ一つとしてハズレはありません。

住んでいるだけで幸せなのです。自分で迷って自分で決めた新しい家、誰かに決められたものではない自分自身の人生が不幸なはずはありません。良い物件探しは足から、です!

2016年6月14日

ホルモン

私が人生で初めて食べたホルモンは小学生の時。

家の近くにある市場で試食としてオバチャンからもらった、今思えば味噌味のこてっちゃんのようなパックモノでした。

初めて食べるた時の感想は、鼻から突き抜ける独特の匂いに驚いたのを覚えています。

家でホルモンを食べる習慣はなく、味わった事のないお肉の風味に一瞬で虜になりました。

それから母親に一生懸命説明して試食も食べてもらって...

とっても美味しがる私を見た母親はたまにスーパーで買ってくれるようになったのです。
それからはずーっと大好物の一つ。

焼肉屋さんに行ったら注文しない事はありません。

そんな私が2回目に衝撃を受けたのが20歳くらいの頃です。

当時モツ鍋が大ブームで私も流行りに乗りモツ鍋屋さんに行く事になりました。

その中に今まで食べたことのないホルモンが入っていたのです。

ホルモンの旨味が凝縮された甘くて美味しいプルプルの脂が舌の上でとろけました。

「う、旨すぎる...」

後にそれがまる腸やシマ腸と呼ばれるものだと知ったのですが、初めての食感に感激したものです。

しばらくしてからは多くの焼肉屋さんでもまる腸が提供されるようになり気軽に楽しめるようになりました。

牛タンはなぜか食わず嫌いだったのが、大阪出張時に曽根崎のホルモン(北新地)屋さんで食べて完全にハマりました。

お肉には色んな部位がありますが今ではダントツで牛タンが好きですw

2016年5月30日

マンションの外壁

住んでいるマンションの外壁塗装の塗り替え工事が始まりました。

賃貸とはいえ、自分の住んでいる建物がきれいに生まれ変わるのはやはりうれしいものですよね。

住み始めて初めての大規模な外壁塗装の塗り替え工事なので、手順のいちいちが初めての経験でおもしろいです。

最初は公共の掲示板にお知らせが張られ、各戸ごとのポストにもお知らせのお手紙が投かんされていました。

そこには、各戸の玄関回りも作業があるので在宅可能な日時を教えてほしいということで
アンケートも入っていました。

これは後でスケジュールを確認してお返事しておこうと思います。

その後は塗料がついてはいけない場所に養生がされはじめ、建物の周りに足場が組まれていきました。

外壁工事の事を知ろうとネットで外壁塗装の口コミを調べましたが、工事するなら当然足場って必要とは思うんですけどこれはちょっとこわいんです。

今までは当たり前にベランダに洗濯物や布団を干したり、天気のいい日はカーテンを開け放して部屋に明かりを入れたり(うちはなかなかに田舎な住環境のため、カーテンを開け放していても部屋の中を覗かれる心配のある建物が周辺にありません。)していたんですけど、足場があるってことはいつでも人が上がってこられるということなので都度気を遣うようになってしまいました。

でも、なにはともあれきれいに塗装されなおしてマンションが生まれ変わるのをはやく見たいなぁと思います。楽しみです!