2018年10月 5日

スマホゲーム

私は反射神経を使うゲームは昔からへたくそで、特にシューティングゲームは大の苦手です。

今はゲーム機よりもスマホのアプリのゲームをする人が増えて私の得意なパズルゲームやシュミュレーションゲームが浸透してきたと思います。

もちろん、ツムツムなど指先の器用さとスピードも必要なパズルゲームもありますが、コントローラーをぐりぐりして敵をよけたりするアクションがない分まだましです。

そういったゲームをしている友人は、逆にコントローラーではなくて画面を触るスマホゲーがかなりやりにくいらしいですね。

私は、画面タッチでするゲームが得意です。

スマホのアプリは基本的に誰でも感覚的に操作してそこそこ爽快感が得られるバランス調整がされていますが、本格的にはまると奥が深く、ゲーム攻略情報をネットで調べながら、レベル上げをするようになります。

指先の器用さよりも膨大なキャラクターやアイテムのデータを見て戦略や攻略法を考えるのが楽しいのです。

私はよほどのことがないと無課金ですが、レベル上げ要素があるゲームだと早くレベルを上げたくて課金を煽る仕組みのところを、なるべく効率よく必要なキャラのレベルを上げること(各ゲームの攻略に大抵貧乏プレイについてのまとめがあります)と、焦ってお金を使いそうになったら別のゲームをやることで気が紛れます。

特に、シュミュレーションゲームや戦略ゲームの場合は、複数のタイトルを交互に進行しているとあまり待った感じがしないのでお勧めですよ。

2018年7月10日

一路大阪へ

私はピーチ(LCC)の会員になっているので良く格安チケットの案内メールが携帯に着信するのですが、特に出張も無い時期はメールを既読することもありませんでした。

先月のはじめにとてもお世話になっていた大阪の叔父が亡くなり葬儀の案内が...。

大阪の叔父には進学の際に下宿先を探してもらったり、夕飯を何度もごちそうになっていて、本当によく面倒を見てもらっていたのです。

「ああ、こんな事でピーチのメールを開くことになるなんて...」と思い、オンラインでチケットを取り、翌々日の朝に大阪に向かいました。

事前に大阪市立北斎場の場所を叔母からメールで送ってもらい、当日は空港からラピートで梅田に移動。

従妹と待ち合わせて斎場へ向かいました。

北斎場は本当に大きな市営の施設で、入り口で案内図を見ると火葬炉が20炉もある事がわかりました。

通夜から大阪入りしていた親戚と合流して控室に向かいましたが、叔母が憔悴しきっていて本当につらそうでした。

何かできることが無いかを辺りを見渡しましたが、私の従妹にあたる甥と姪、親戚がほとんど駆けつけていて手伝うことは無いと、そういった面で面倒見の良かった叔父の人望と人柄がうかがわれる葬儀でした。

2018年5月24日

下腹ダイエット

私がダイエットを始めると友達に宣言したのはほぼ例年通りですが、ここ数年で知人も増え、中にはダイエット目的でかなりの肉体改造成功者が居ます。

私の目標は夏までに下腹をひっこめる事だというと、ダイエット経験者のほとんどが「もっとも最後に引っ込むところだよ」と忠告してくれます。

しかも、実際に大分でダイエットプログラムを実践して、なんとパーソナルトレーまでつけて下腹をひっこめた経験のある友人は「夏までだと時間が足りないかもしれない。プロの指導の下でギリギリ、自己流で運よく効率的に退社をあげてもおそらく年末までかかる。」と占い師か預言者のような言葉を...

私が気にしているのはさほど太っている体型ではないのに、下腹が出ている事で、これを克服するのは経験者からすると最も困難なものらしいのです。

仮に絶食に近いカロリー制限をしても、上半身は目に見えるような痩せ方をしますが、下半身はなかなか。

スタイルの良さから言えば不健康でバランスの悪い痩せ方になるだろうと。

お腹の出ている原因が、脂肪なのか、筋力不足なのか、その他の原因なのかでまったく対処法が違う上に、脂肪を減らして筋肉をつけるための体質改善には、私の目標としている夏まで出逢った場合確実にプロの指導が必要だとの事でした。

経験者が言うのだからそれはおそらくそうなのだろうと私も覚悟を決めて、通える範囲にあるジムでダイエットのパーソナルトレーニングをしてくれるところを探しています。

アイテム

  • rx008img_06.jpg
  • kextutochi.jpg

リンク